Bone Control Design™

最適な歯槽頂部骨保存

歯槽頂部骨の保存と軟組織の安定性を最大限に得るため、ストローマンは、生物学的距離の尊重、スムーズサーフェスとラフサーフェスの最適な位置、マイクロギャップコントロール、骨伝導性、そしてすぐれた疲労強度と生体力学インプラントデザインによる最適な力の伝達という、生物学的な5つの基本原理に基づいてControl Design™を開発しました。