歯科用コラーゲン使用骨再生材料

ストローマンRFT デンタル

歯科治療時の操作性に優れた、骨再生材料。

ハイドロキシアパタイト(低結晶性)とコラーゲン(ブタ真皮由来I 型アテロコラーゲン)からなる多孔質体で、血液や生理食塩水などでの湿潤時にスポンジのような弾力性を有し、患部に隙間なくフィットすることができます。 

 

  • フレキシブルな操作性

    湿潤時にスポンジのような弾力性を有しているため、患部に隙間なくフィットすることができます。また、メスやハサミなどで容易に加工ができます。

  • 生体内での吸収置換性

    生体内の骨リモデリングサイクルに取り込まれ、骨組織へ置換されます。

  • 自家骨類似の構造・組織

    ナノレベルまで、自家骨の骨構造・組成に近づけました。

  • 自家骨(同種骨)移植の補助/ 代替

           

高気孔率ハイドロキシアパタイト
非吸収性歯科用骨再建インプラント材

ストローマン AX デンタル

骨伝導に優れた気孔構造。

水酸アパタイト(Ca10(PO4)6(OH)2) を主成分とする多孔質体です。
新生骨が材料内部まで形成可能なように設計を行い、その結果、非常に高い気孔率(82.5±5.5%)* を持ちます。(*アパセラム-AX デンタルの規格値) 

 

  • 非吸収性骨補填材|高気孔率ハイドロキシアパタイト

    均一で骨再生に最適な「三重気孔構造」

  • 「早期骨形成能」を有し、 骨組織と同化

    連通気孔構造と多孔質の気孔内壁構造により、早期に骨を形成することができます。