Straumann®
ボーンレベル(BL/BLT)
インプラント

審美性の柔軟性の追求

Straumann® ボーンレベルインプラントラインアップは、歯肉貫通部のアバットメントデザインに柔軟性をもたせることで、より自然な見た目の仕上がりが得られるデザインであり、患者の高い満足度をもたらします1。さらに、ストローマン独自のソリューションであるRoxolid®SLActive®が、低侵襲と予知性に貢献します。

 

  • 低侵襲性

    ストローマンの高強度マテリアルRoxolid®の採用により小径インプラントの適用範囲が広がりました。

  • 治療の成功

    難症例においてもSLActive® 表面性状が高い予知性と治癒時間の短縮をもたらします。

  • 審美性

    Consistent Emergence Profiles™によるシンプルな軟組織マネジメントとbalanced prosthetic portfolioによる補綴の柔軟性。

  • 生物学的要素を考慮

    Bone Control Design™による歯槽骨の維持。

  • 操作性

    CrossFit® ConnectionおよびLoximTM トランスファーピースによる簡便な操作性。

  • エビデンス

    エビデンス2に基づいた、 Straumann® ボーンレベル インプラントは、審美性を求められる領域でのインプラント治療にお勧めします。

Straumann®
BL インプラント

パラレルウォールのシンプルデザイン

Straumann® BLインプラントは、審美領域でのインプラント治療に効果を発揮します。パラレルウォールのシンプルデザインにより、ティッシュレベルインプラントの埋入感に近い形でお使いいただけます。

Straumann®
BLT インプラント

先端にテーパーをデザインしたデュアルデザイン

Straumann® BLT インプラントは、先端にテーパーを付与したデザインとなっており、脆弱な骨や抜歯窩でもすぐれた初期安定性を示します。さらに、根尖部で狭窄した部位や陥凹、あるいは萎縮して細くなった部位でも使いやすい形態となっています。 

Straumann®
BLT ø 2.9 mm インプラント

小径でありながら強度に優れたインプラント

BLT φ2.9mmインプラントは、RoxolidマテリアルとSLActive表面性状を有し、科学的エビデンスに基づいた設計がされています。小径インプラント BLT φ2.9は前歯部の狭い歯間スペースの症例に適したソリューションであり、低侵襲な治療を実現します。また、補綴デザインは、解剖学的構造にマッチするオーバル形状のマージンデザインとしています。

* BLT Φ2.9mmインプラントは単冠修復専用のインプラントです