Straumann®
GUIDED-SURGERY 

ガイデッドサージェリー

安心で安全なインプラントオペのために

少ない治療回数で、高い技術のインプラントオペと審美性が求められる時代となりました。

患者様の期待に応える為には、治療チーム内のシームレスなコラボレーションが、不可欠となっています。
Straumann®のインプラントワークフローでは、外科的処置の効率向上とチェアタイム短縮を実現するために、外科的 / 補綴的なチームアプローチを実現します。

  • 審美的インプラント治療

    補綴主導のインプラントプランニング。

  • コラボレーション

    外科 / 補綴チームで、プランニングデータの共有が可能です。

  • 差別化

    患者様のニーズを満たすデジタルワークフローにより、他院との差別化。

  • 効率性

    Straumann® ガイデッド サージェリーによるチェアタイムの短縮。

Straumann®

coDiagnostiX® 

直感的な操作による、
インプラント プランニング ソフト

プランニングソフト「coDiagnostiX®」を使用したインプラントプランニングは、

インプラント治療計画をシンプルに、直感的な操作で行うことができます。
下顎管の自動検出機能や、距離計測機能など、
インプラント治療に適した多くの機能を備えています。


選べるライセンスは、2種類 

・Client

・Producer Lisence 

  • 予知性

    安全なインプラント埋入のための包括的なプランニング。

  • ビジュアル化

    患者さんとのコンサルツールとしての治用。

  • 付加価値

    ストローマンミリングセンターでのサージカルガイドの製作 。

Straumann® Synergy™ 

クリニックとラボを繋ぐ、
リアルタイム プランニング ファンクション

Synergy™ファンクションを使用することで、クリニックとラボは、
シームレスなコミュニケーションが可能となりました。
 

クリニック側では インプラント プランニング ソフト 「coDiagnostiX®」を、

ラボ側では「CARES® Visual Software」 を、
オンライン上でリアルタイムに繋ぎデーターを共有しながら、

最終補綴物の理想的な形態、埋入位置などを決定していく事が可能です。

  • 効率

    coDiagnostiX®とStraumann® CARES® Visual間のシームレスなデータ共有が可能。

  • コラボレーション

    他の coDiagnostiX® アカウントと、クラウド上のcaseXchange™サーバーを経由して、プランニングデータの共有も可能です。

Straumann®
GUIDED INSTRUMENTS 

安全なインプラントオペの必需品

Straumann® ガイデッド インスツルメントは、

プランニングソフト「coDiagnostiX®」を用いて作り出されたオペ手順書に
基づくガイデッドサージェリーに使用します。

オペの安全性の向上との診療・治療時間の短縮につながります。

  • 操作性

    Straumann® ドリル ハンドルは、エルゴノミックデザインを採用しています。
    ドリルハンドルと併用したガイデッドドリルと、ガイデッドアダプターの使用により、最終的なインプラントの埋入位置までフルガイデッドでおこなうことが可能です。

  • 柔軟性

    サージカルガイド上にローテーションマーカーを付与することで、プランニングしたインプラントコネクションの向きをビジュアル化します。
    ボーンレベルタイプインプラントのLoxim®のマーキングをオペ時に合致させると、術前にプロビジョナルレストレーションを作成しておくといったImmediate治療に活用することができます。

  • 精度

    ドリルハンドル先端のシリンダーは、スリーブ内に正確にフィットし、ドリルのガイダンスの役割を果たします。

PRODUCT CATALOG

Straumann Japan から発行されている 全カタログ・フライヤー 一覧

お問い合わせは、下記、フォーマットをご記入ください。

※Digital製品、コース・セミナーヘのお問い合わせは、別フォームよりお問い合わせください。
データ使用に関する同意*

当社のPrivacy Noticeをお読みください。

上記のコードを再入力してください
ご質問内容によっては、ご回答までお時間を頂く場合がございます。
何卒、ご了承いただけますと幸いです。