Straumann®

ガイデッド サージェリー

安心で安全なインプラントオペのために

 

最小限の予約回数で、高い技術のインプラントオペと審美性が求められる時代となりました。このような患者を満たすため、治療チーム内でのシームレスなコラボレーションが不可欠となってきました。Straumann®のインプラントワークフローでは、外科的処置の効率向上とチェアタイム短縮を実現するための外科的 / 補綴的なチームアプローチを実現します。

 

  • 審美的インプラント治療

    補綴主導のインプラントプランニングによるイミディエイトオペ

  • コラボレーション

    外科 / 補綴チームでのプランニングデータの共有可

  • 差別化

    患者のニーズを満たすことの出来るデジタルワークフローによる歯科診療の差別化

  • 効率

    Straumann® ガイデッド サージェリー インスツルメントによるチェアタイムの短縮

Straumann® coDiagnostiX®

直感的な操作によるインプラントプランニング

 

coDiagnostiX®を使用したインプラントプランニングは、インプラント治療計画をシンプルで直感的な操作で行うことができます。下顎管の自動検出機能や、距離計測機能など、多くのインプラント治療に適した機能を備えています。

 

  • 予知性

    安全なインプラント埋入のための包括的なプランニング

  • ビジュアル化

    患者コンサルテーションとしてのご利用も

  • 付加価値

    ストローマンミリングセンターでのサージカルガイドの製作 

Synergy™

歯科医、技工士間のリアルタイムプランニング

Synergy™機能を利用することで、歯科医師と技工士の間に、シームレスなコミュニケーションが可能となります。歯科医師サイドのインプラントプランニングデータと、技工士サイドでのCARES® Visual Softwareをオンライン上でリアルタイムに繋ぎ、最終補綴物の理想的な形態を共有しながらインプラントのポジションを決定することが可能です。

 

  • 効率

    coDiagnostiX®とStraumann® CARES® Visual間のシームレスなワークフロー

  • コラボレーション

    caseXchange™サーバーを経由して、他のcoDiagnostiX™ユーザーとのプランニングデータの共有も可能です

Straumann®

ガイデッドインスツルメント

安全なインプラントオペの必需品

 

Straumann® ガイデッド インスツルメントは、プランニングソフトウェアから排出されるオペ手順書に基づくガイデッドサージェリーに使用します。オペの安全性の向上とチェアサイドの時間短縮につながります。

 

  • 操作性

    Straumann® ドリル ハンドルは、エルゴノミックデザインを採用し、ガイデッドドリルの埋入深度をコントロールします。また、ガイデッドアダプターを併用することで、最終的なインプラントの埋入深度までフルガイデッドサージェリーに対応します

  • 精度

    ドリルハンドル先端のシリンダーは、スリーブ内に正確にフィットし、ドリルのガイダンスを果たします

  • 柔軟性

    サージカルガイド上にローテーションマーカーを付与し、ボーンレベルタイプのLoxim®上のマーキングと合致させることで、インプラントコネクションの向きをビジュアル化します。これにより、術前にプロビジョナルレストレーションを作成しておくといったイミディエイト治療オプションの選択肢が増えます。