In-House ワークフロー

治療の差別化

患者の期待に応える

『歯』に関する患者の期待と認知度はますます高まってきており、差別化した治療提供が不可欠となっています。そのような期待に応えるべく、患者の個々の状況に合わせ、デジタル技術を活用した治療ソリューションを提供しています。

 

快適な治療を求める患者がますます増えています。

患者の100% が口腔内スキャンを希望します。口腔内スキャンはより快適で、所要時間が短縮されたためです1

 

患者の61% が、口腔内スキャンは従来方式の印象採得よりも快適であると考えています1。それは、下記が軽減されるためです。

* 吐き気の軽減

* 呼吸困難の軽減

* 口腔内過敏症の軽減

* 開口時の不快感 

 

 

 

口腔内スキャナーとCAD/CAM技術を活用した歯科治療は増加しており、今後数年間はますますその拡大することが見込まれます2,3

アメリカ合衆国


  • 4軒の歯科医院の内の1軒が口内スキャニング2を実施しています
  • 3.5グループの内の1グループ診療所がCAD/CAMミリングシステム2を使用しています
  • 歯科医療者の4人に1人が口腔内スキャンを実施
  • 歯科医療グループベースでは、3.5グループのうち1グループがCAD/CAMミリングシステムを使用2
  • 歯科医療者の8人に1人が口腔内スキャンを実施
  • 歯科医療グループベースでは、7グループのうち1グループがCAD/CAMミリングシステムを使用2

ヨーロッパ


  • 歯科医療者の8人に1人が口内スキャニングを実施
  • 7歯科医療グループのうち1グループがCAD/CAMミリングシステムを使用2

(1) YUZBASIOGLU, Emir et al. Comparison of digital and conventional impression techniques: evaluation of patients’ perception, treatment comfort, effectiveness and clinical outcomes. BMC oral health, v. 14, n. 1, p. 10, 2014.
(2) Digital Dental Solution Market Assessment – Voice of the customer – US and EU comparison summary, December 2017. For In house and milling center. Digital Dental Solution Market Assessment – Voice of the customer – US and EU comparison summary, December 2017
(3) CAD/CAM Dental Systems - Global Pipeline Analysis, Competitive Landscape and Market Forecast to 2017

デジタルワークフロー

主なCAD/CAMソフトウェアにNeodentライブラリを用意しています

CARES Visual

デンタルウィング

3shape

 

まず始めに

口腔内スキャナーを使用する治療計画では、時間が節約できることに加え、患者に快適性を提供できます。Neodentスキャンボディは、使いやすく、復元位置を正確に実現できるデザインとなっています。


Neodent® スキャンボディ IOS用

Neodentスキャンボディの使用により、デジタルによる印象採得を効率良く行うことが可能です。

  • CARES visualソフトウェアによる自動認識*
  • 単回使用、滅菌済み、PEEK素材
  • インプラントとアバットメントレベルでの印象採得

 

より効率的な仕上がり

3Dプリンターによるデンタル模型では、予測可能で再現可能な結果を得ることができ、より短い時間で理想的なフィッティングを実現します。さらに、細部を正確に視覚化することで、複雑な形状を実現できます。Neodentデジタルアナログでより現実に近い口腔内状況が実現可能です。

 

デジタルアナログ

  • デジタル模型、石膏模型
  • 回転防止機構
  • インプラントおよびアバットメントレベルの印象採得に

デジタル模型の作製

1. データ取得
デジタル印象

  • Straumann CARES口腔内スキャナー
  • 3Shape TRIOS
  • その他口腔内スキャナー

2. 補綴デザイン
CADソフトウェア

  • CARES Visual
  • 3Shape
  • デンタルウィング

 

3. 製造
ミリングマシン

  • CARES Cシリーズ
  • CARES Mシリーズ
  • Sirona Cerec MC XL

 

4.仕上げ
3Dプリンター

  • CARES Pシリーズ3Dプリンター
  • その他3Dプリンター

幅広い補綴オプションをご用意、患者の期待に応えます

Neodentは、単冠補綴から無歯顎補綴まで、あらゆる補綴に対応できる幅広い補綴ポートフォリオで自然な外見の審美性を提供します。

Exact チタンベースアバットメント

  • 単冠用補綴
  • アバットメント直径:3.5、4.5、5.5 mm
  • クラウンのカスタマイズ化と最大アンギュレーション30°が可能

Exact チタンベースC

  • 単冠用補綴
  • CERECワークフロー向け
  • クラウンのカスタマイズ化と最大アンギュレーション20°が可能

NEODENTチタンベース角度付きソリューション

  • シングルユニット補綴と角度付きスクリュー溝
  • 複数の歯肉高さ(0.8~2.5 mm)
  • 複数のアバットメント径(4.0、4.5、5.5 mm)
  • 歯肉の高さとセメント固定可能面積次第で許容最大角度25°

ブリッジ用NEODENTチタンベース

  • マルチユニット補綴用
  • 複数の歯肉高さ(0.8~4.5 mm)
  • 複数のアバットメント径(3.5、4.5、5.5 mm)
  • ø3.5で許容最大角度10°、ø4.5とø5.5で 16°

One Stepコーピング:

  • 複数歯、無歯顎補綴用
  • スクリュー固定ブリッジ用
  • パッシブフィットを提供
  • 許容最大角28°

カスタムアバットメント:

  • 単冠または複数歯補綴用
  • 許容最大角30°

単冠修復

複数歯修復

ダウンロード

グローバルカタログ

参考文献

• 大規模な遡及臨床研究: 440人以上の患者に2,244個のインプラントが埋入されました。(1)
• 長期的な高い残存率: 最長5年後で99.7%(1)
• この研究では、インプラントの早期喪失は発見されませんでした。(1)
• 傾斜インプラントであっても、フルアーチ修復での高い予測可能性(上顎で4~6以上、下顎で4または5)。(1)

1.Sartori IAM, Latenek RT, Budel LA, Thomé G, Bernardes SR, Tiossi R. Retrospective analysis of 2,244 nimplants and the importance of follow-up in implantology.Journal of Research in Dentistry.2014 Nov- Dez;2(6):555-564.
2.Martin C, Thomé G, Melo AC, Fontão FN.Peri-implant bone response following immediate implants placed in the esthetic zone and with immediate provisionalization-a case series study.Oral Maxillofac Surg.2015 Jun;19(2):157-63.
3.Barros RR, Novaes AB Jr, Muglia VA, Lezzi G, Piattelli A. Influence of interimplant distances and placement depth on peri-implant bone remodeling of adjacent and immediately loaded Morse cone connection implants: a histomorphometric study in dogs.Clin Oral Implants Res.2010;21(4):371-8.
4.Castro DS, Araujo MA, Benfatti CA, Araujo Cdos R, Piattelli A, Perrotti V, et al.Comparative histological and histomorphometrical evaluation of marginal bone resorption around external hexagon and Morse cone implants: an experimental study in dogs.Implant Dent.2014;23(3):270-6.
5.Novaes AB Jr, Barros RR, Muglia VA, Borges GJ.Influence of interimplant distances and placement depth on papilla formation and crestal resorption: a clinical and radiographic study in dogs.J Oral Implantol.2009;35(1):18-27.
6.Siqueira RAC.Avaliação do índice de sucesso e comportamento dos tecidos periimplantares de implantes cone morse equicrestais ou subcrestais em arcos inferiores.[master’s dissertation on internet].[Curitiba(Brazil)]: ILAPEO; 2013.[cited 28 out 2015] 126p.入手先: http://www.ilapeo.com.br/ Monografias_e_Dissertacoes/Dissertacoes_turma2011/Rafael_Amorin_Cavalcanti_de_Siqueira.pdf
7.Sotto-Maior BS, Lima Cde A, Senna PM, Camargos Gde V, Del Bel Cury AA.Biomechanical evaluation of subcrestal dental implants with different bone anchorages.Braz Oral Res.2014;28.
8.Coppedê AR, Bersani E, Chiarello de Mattos MG, Rodrigues RCS, Sartori IAM, Ribeiro RF.Fracture  resistance of the implant-abutment connection in implants with internal hex and internal conical connections under oblique compressive loading: an in vitro study.Int J Prosthodont.2009 May-Jun;22(3):283-6.
9.Bernardes SR, da Gloria Chiarello de Mattos M, Hobkirk J, Ribeiro RF.Loss of preload in screwed implant joints as a function of time and tightening/untightening sequences.Int J Oral Maxillofac Implants.2014 Jan-Feb;29(1):89-96.
10.Jorge JR, Barao VA, Delben JA, Assuncao WG.The role of implant/abutment system on torque maintenance of retention screws and vertical misfit of implant-supported crowns before and after mechanical cycling.Int J Oral Maxillofac Implants.2013 Mar-Apr;28(2):415-22.
11. dos Anjos CM, Harari ND, Reis RSA, Vidigal Junior GM.Análise in vitro da infiltração bacteriana na interface de pilares protéticos e implantes cone-morse / In vitro analysis of bacterial leakage at the interface between Morse taper implant platform and prosthetic abutments.ImplantNews.2011 8(2):239- 243.
12.Sartoretto SC, Alves AT, Resende RF, Calasans-Maia J, Granjeiro JM, Calasans-Maia MD.Early osseointegration driven by the surface chemistry and wettability of dental implants.J Appl Oral Sci.2015.May-Jun;23(3):279-87.
13. da Silveira BM.Análises tomográfica, microtomográfica e histológica entre enxertos em bloco autógeno e xenógeno nas reconstruções ósseas de maxila.[master’s dissertation on internet].[Curitiba(Brazil)]: ILAPEO; 2013.[cited 15 jun 2014] 133p.入手先: http://www.ilapeo.com.br/biblioteca-detalhe/ tomographic-microtomographic-and-histological-analysis-between-grafts-in-autogenous-andxenogeneic-- C162410.html
14.Mendonça G, Mendonça BD, Oliveira SL, Araujo AC.Efeitos da diferenciação de células-tronco mesenquimais humanas sobre superfícies de implantes hidrofílicas.ImplantNews.2013 Nov-Dez 10(6a):111-116.