Straumann®
ティッシュレベル インプラント 

1回法に適したシンプルデザイン

1回法手術に適したティッシュレベルインプラントは、歯槽骨とインプラント周囲組織を長期にわたって維持します。シンプルな埋入、補綴、メインテナンスが可能であり、生物学的距離を考慮したデザインのStraumann® ティッシュレベルインプラントは、SLA® サーフェスとともに、9年後のインプラント周囲炎の発生率が低いことが最近の調査1で判明しました。40年以上にわたる革新性と臨床実績2-5により、ティッシュレベルインプラントは、これまでもこれからも優れたインプラントシステムの1つであり続けます。

 

  • 生物学

    生物学的幅径に配慮したデザイン。  Bone Control Design™により、歯槽骨の維持に貢献。

  • オッセオインテグレーション

    SLActive® 表面性状により、治癒時間の短縮、すぐれたオッセオインテグレーションを実現。

  • 強度

    ストローマン独自のマテリアルRoxolid® により従来のTiグレード4より強度が24%増しています。

  • 効率性

    日々の診療における効率的な治療。

  • 操作性

     synOcta® connectionによる柔軟性と信頼性。  Loxim™ Transfer Piece.により簡便なインプラント埋入。

  • 清掃性

    上部構造との境目が粘膜のレベルに来るデザインのため高い清掃性をもたらします。

  • ガイデッドサージェリー

    ガイデッドサージェリーを使用した安心安全なオペが可能。

  • 審美性

    ショルダーに即して軟組織が治癒した後はすぐに補綴処置に移ることができます。

Straumann® スタンダード
インプラント

1回法手術のパイオニア

ストローマンインプラントのパイオニア的存在であるStraumann® スタンダード インプラントは、1回法手術に最適で、長期にわたるエビデンスの裏付けがあります。Straumann® スタンダード インプラントは、synOcta® connectionを有し、対応する補綴 コンポーネント(Straumann® synOcta portfolioStraumann® Solid Abutment)を使用することができます。
生物学的幅径を考慮してデザインされた高さ2.8mmのショルダーにより、補綴マージンが軟組織のレベルに位置します。

Straumann® スタンダード
プラス インプラント

スタンダードインプラントとの違いは機械研磨されたショルダーの高さにあります

Straumann® スタンダード プラス インプラントは、粘膜の薄い領域で使用する場合の審美性を踏まえたデザインです。機械研磨された高さ1.8 mmのネックデザインにより、軟組織管理において柔軟性を発揮します。