Straumann®
ティッシュレベル インプラント 

チェアタイムの軽減が可能なシンプルデザイン

簡単に取り扱うことができ、治療の複雑さを軽減するために1回法手術向けに考えられたこのインプラントラインは、単に周囲骨の維持にとどまらず、インプラント周囲の環境も維持します。埋入、修復、メンテナンスが簡単で、生物学的距離に配慮したデザインのStraumann® ティッシュレベル インプラントは、SLA® サーフェス とともに、9年後のインプラント周囲炎の発生率が低いことが独自の臨床調査1で判明しました。今日の市場では、40年以上にわたって、革新性と傑出した臨床実績2-5とともに、ティッシュレベルインプラントは、優れたインプラントシステムの1つです。 

  • 生物学

    生物学的幅径に配慮した設計により生態的な構造を模倣。  Bone Control Design™により、歯槽頂の骨の維持に最適化。

  • オッセオインテグレーション

    疾患のある部位でもSLActive® で高い予知性を持ち、短い治癒時間、すぐれた骨再生が可能。

  • 強度

    弊社で高い実績を挙げているマテリアルRoxolid® を使用したインプラントによる投資節約。

  • 効率

    日々の診療における効率的な治療。

  • 操作性

     synOcta® connectionによる柔軟性と信頼性。  Loxim™ Transfer Piece.による簡単な取り扱い。 

  • 衛生

    ティッシュレベルの補綴マージンによる便利さ。

  • ガイデッドサージェリー

    ガイデッドサージェリーを使用した安全なオペが可能。

  • 審美性

    組み込みのエマージェンスプロファイルにより、軟組織管理を促進。 

Straumann® スタンダード
インプラント

1回法手術のパイオニア。

移行歯肉治癒のパイオニアであるStraumann® スタンダード インプラントは、標準的な1回法手術に最適であり、あらゆる適応事例において予測可能な治療成果が得られる立証済みのソリューションです。Straumann® スタンダード インプラントは、synOcta® connectionで構成され、対応する補綴 コンポーネント(Straumann® synOcta portfolioStraumann® Solid Abutment)に使用します。
機械研磨された2.8mmのネットを有しており、補綴マージンが軟組織レベルに埋入される1回法手術において効果を発揮します。 

Straumann® スタンダード
プラス インプラント

さらに多くのオプションを用意した柔軟性に富んだソリューション。

Straumann® スタンダード プラス インプラントは、粘膜のうすい領域に最適な審美性を踏まえたデザインであり、同時に生物学的幅径にも配慮しています。特に、審美性に対する要求度が高い場合、低く加工された1.8 mmネックは、歯肉移行部、歯肉縁下の軟組織管理において高い柔軟性を発揮します。 

Straumann®テーパード
エフェクトインプラント

抜歯即時埋入に適した1回法インプラントの
ソリューション。

Straumann® テーパード エフェクト インプラントは、テーパーのついた根尖形態により抜歯窩の最適なフィットが得られます。この解剖学的デザインは、天然歯の抜歯即時または早期埋入により適しています。1.8 mmのネックの高さを持ち、生物学的幅径を配慮しています。歯肉移行部また歯肉縁下の治癒を進めます。
細かなスレッドピッチとセルフタップを可能にし、あらゆる骨質において初期安定性をもたらします。