Straumann® アバットメントコネクション

original Straumann® componentsをご使用いただくことを強くお勧めします。ストローマンのインプラントとアバットメントのコネクションは、厳密な設計および製造のもと、純正ならではの適合性を提供します。科学的エビデンス1,2では、インプラントとアバットメントを締結した際の純正品と非純正品の比較において、スクリューのゆるみと微少動揺に違いがあることが報告されています。

Straumann® ボーンレベル

Crossfit コネクション  

操作性と信頼性と

セルフガイディング機構を備えたインターナルコネクションは、様々な荷重条件下で長期的な安定を実現するデザインとなっています。インプラントとアバットメント間の正確な精度を保証します。インターナル15°の内部テーパーは、補綴治療で柔軟性を発揮します。4角の回転防止機構により、補綴コンポーネントを正確に位置決めすることができます。インプラント直径によって、Straumann® ボーンレベル インプラントのコネクションは、Regular CrossFit®(RC)とNarrow CrossFit®(NC)の2種類に分けられます。

 

  • シンプルさ

    安心してコンポーネントの位置決めができます。インプラントの埋入ポジションに関わらず容易な印象採得が可能です。  

  • 柔軟性

    補綴の柔軟性と長期的な機械的安定性。

  • 信頼性

    微少動揺を最小限に抑え、応力を分散します。

Straumann®ティッシュレベル synOcta® コネクション

シンプルさと柔軟性と

synOcta® コネクションは、シンプルかつ柔軟な補綴ソリューションを提供します。アバットメントはインプラント内部の八角形の精密にフィットし、内面のモーステーパー(8°)により高いシーリング効果を発揮します。

 

  • 信頼性

    モーステーパー(8°)の採用により確実なインプラント・アバットメント間のフィッティングを実現します 

  • シンプルさ

    インプラントレベルのシンプルな印象採得。

  • 柔軟性

    プランニング用アバットメントを使用することで、模型上で最適なサイズを選択することが可能です。